管理人プロフィール詳細

目安時間:約 11分

 

 

はじめまして

 

 

フランク岡田こと岡田と申します。

 

 

 

私は3人の子供を持つ50代の男性です。

 

 

私の家族は、
私と妻、3人の子供(長男、長女、次女)と、
私の父母が同居している7人家族です。

 

 

 

父(克之)は、高校を卒業後工場に勤務して、
定年まで勤めたという「まじめ」を字で書いた
ような人です。

 

 

 

母(民子)は、小学校の教師をしていたので、
これもまた違った意味で「まじめ」な人です。

 

 

 

さて、私(弘明)は、もうすぐ還暦と定年が近い
50代後半で、高卒後に家電量販店に就職し、
現在に至ります。

 

 

 

妻(静子)は、私より4歳年下で大卒ですが、
子供が出来てからはパートで勤務してます。

 

 

 

コンビニだったり、スーパーマーケットの
レジだったりいろいろです。

 

 

 

子供は、長男、長女、次女の3人ですが、
長男と長女は、反抗期はそれなりにあったものの、
特別問題もなく社会人になりました。

 

 

長男(和明)は、32歳で独身、長女(育代)は、
30歳で既に結婚して子供も1人(男の子)います。

 

 

 

今は、結婚して県外に住んでいますから、
現在は6人家族になります。

 

 

 

そんなごく普通の家族なんですが、
今回お話させていただくのは、一番下の
末っ子となる「次女」(栞)が
不登校~ひきこもりになったことです。

 

 

次女の栞が不登校になった時は、長女の育代は、
まだ家に同居していました。

 

 

 

長男、長女と育っていく上で、
何もなかったとは言いませんが、
不登校やひきこもりは、初めての経験でした。

 

 

 

中学2年生になって間もなくでした。

 

 

“学校へ行きたくない”

 

 

と言いだしました。

 

 

 

その日を境に、順風満帆とは言いませんが、
ごく普通の毎日が一変することになったのです。

 

 

 

 

まさか、うちの娘が・・・!?

 

 

なぜうちの娘がどうして・・・!?

 

 

というのが、まず最初に思った正直な気持ちです。

 

 

これは大変なことになったと焦りました。

 

 

そこで、一番最初に相談したのは学校の担任です。

 

 

 

学校からは、最初の1か月ほどは数回の家庭訪問や
宿題のプリントなどを持ってこられました。

 

 

学校で何かなかったのかと担任に聞いても、

 

「特別変わった様子は無かった」

 

の一点張りでした。

 

 

 

教室へ行かなくてもいい「保健室登校」なるものが、
あると聞いて娘に話すと、数回は登校しましたが、
暫くすると全く行かなくなりました。

 

 

その後、不登校から3ヶ月目になるころには、
学校からの訪問や連絡もピタッと途絶えました。

 

 

“なんて冷たいものだろう”

 

そう感じて、がっかりすると同時に学校に頼っても
何もしてくれないことを痛感しました。

 

 

そして、親である私たち夫婦が何としても
娘をひきこもりから救い出そうと決意したのです。

 

 

学校も結局他人事(ひとごと)なんです。

 

 

そして、かかわりあいたくないのです。

 

 

学校の対応を見て、確信しました。

 

 

 

学校に頼ることを諦めた私たち夫婦は、
不登校になった原因を探し始めました。

 

 

原因を探すといっても、結局自分たちの育て方が、
悪かったのだろうという、自分たちを責めることに
終始してしまいました。

 

 

そして、全く対処法がわからないので、
「ひきこもりの子を持つ親の集い」に行ったり、
有名な診療内科の先生による講義があると聞けば、
真っ先に行ったりしていました。

 

 

学校へ行かないのならと、フリースクールや
フリースペースなるものに片っ端から訪問し、
現場を見せてもらい話を聞きに行きました。

 

 

でも当の娘はというと、全く動く兆しもなく、
私たち夫婦が勝手に「空回り」していました。

 

 

ただ、この時点では、

 

 

「しばらくすればまた登校するだろう・・・」

 

 

という根拠のない甘い考えが、頭の片隅に
無かったと言えばうそになります。

 

 

 

結果6年7か月という長い期間、
娘はひきこもり生活を余儀なくされてしまうのです。

 

 

6年7か月のひきこもりについては、
一言ではとても言い表せない、壮絶なものでした。

 

 

私ども夫婦は、娘がひきこもった当初数か月の頃、
一番欲しかったのは、ひきこもりの情報でした。

 

 

それも、ひきこもりから実際に解決された生の声。

 

 

どうやったら、何をしたらひきこもり解決に
効果があったなどの実際の親御さんの事例です。

 

 

でも当時は、ネットを検索しても、書籍を探しても、
コレといった情報はありませんでした。

 

 

月日が経てば経つほど、娘の精神状態は悪化し、
暴言を吐いたり、暴れたりするようになりました。

 

 

そんな状態が続いて、同級生が高校へ進学する
という時期になっても娘のひきこもりは続きました。

 

 

私は、学歴至上主義ではありませんでしたが、
高校は出ておいた方がいいとは思っていました。

 

 

それでも本人にその気がなく、その気にさせれない
親としての不甲斐なさを感じてはいました。

 

 

ここまでくると、何をどうすればいいのか?

 

 

もう行き詰ってしまい、家庭内は真っ暗でした。

 

 

 

時間が経つのが早いのか遅いのかわかりませんが、
同級生たちが高校を卒業し、進学や就職する
という時期になった時でした。

 

 

ひょんなことから、ある方のある助言をいただき、
今までの親としての言動を一変する出来事があり、
奇跡的ともいえるスピードで娘が歩き出しました。

 

 

 

そして6年7か月という長く暗いひきこもりから、
晴れて脱することができたんです。

 

 

私は、娘のひきこもりに関するブログを書こうとは、
夢にも思っていませんでした。

 

 

それでも、増え続ける中高生の引きこもりを見ると、
他人事とは思えません。

 

 

たぶん当時の私と同じように、

 

「ひきこもりを解決した実際の親の話」

 

を聞きたい方は多いと感じました。

 

 

私たちも、一番知りたかったことを、
早く知ってもらい、私の娘のように長い時間を、
無駄にしてほしくないからです。

 

 

不登校やひきこもりは、とてもデリケートな問題なので、
本名は差し控えさせていただきます。

 

 

不登校・ひきこもり解決のきっかけや
一助になることを願っています。

 

詳細については、本文をご覧ください。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

管理人:フランク岡田

 

 

⇒トップページへ

 

 

管理人プロフィール



管理人:フランク岡田

いじめによる不登校から始まり、ひきこもりになった娘と長年にわたり対峙して解決しました。私と家族についての詳しいプロフィールは以下からご覧ください。


⇒プロフィール詳細

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
Facebook
twitter
ブログランキング


ブログランキングに参加中!
良かった、参考になったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけるとありがたいです。



不登校・ひきこもり育児ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

FeedPing

メタ情報

ページの先頭へ