発達障害(ADHD)

目安時間:約 5分

 

 

発達障害(ADHD)については
不登校やひきこもりの子供に
一定数見られる症状の1つです。

 

 

あまりにも落ち着きがないとか
授業や勉強などに対して集中力が
続かないという子供に多い。

 

 

具体的な詳細は以下をご覧ください。

 

 

発達障害
(Attention Deficit Hyperactivity Disorder:ADHD)

 

発達障害は、注意欠陥・多動性障害
とも呼ばれ、主に注意力の欠如、
過度の多動性、衝動性などの
症状が特徴です。

 

ADHDは子どもだけでなく、成人にも
影響を与えることがあります。

 

以下に、ADHDの主な特徴と影響
について説明させていただきます。

 

 

 

注意欠陥(Inattention)

 

仕事や課題に集中できない。
細かい作業を続けることが難しい。
説明を聞いている間に気をそらされやすい。
忘れ物や約束の忘れがち。

 

 

多動性(Hyperactivity)

 

体がいつも動き回る。
静かに座っていることが難しい。
一つの場所にじっとしていられない。

 

 

 

衝動性(Impulsivity)

 

行動を考えずに突発的に行動することがある。
待つことが難しい。
決断を急ぐことが多い。

 

 

 

発達障害(ADHD)の原因や治療について

 

ADHDの原因は、遺伝的、神経学的、
環境的要因が関与すると
考えられています。

 

脳内の神経伝達物質であるドーパミンや
ノルアドレナリンの不均衡が関係
している可能性があります。

 

 

 

ADHDの診断は、症状の経時的な観察と
評価に基づいて行われます。

 

 

心理学的評価や医学的評価が行われ、
診断基準に従って症状が評価されます。

 

 

 

ADHDの治療には、薬物療法と行動療法が
一般的に使用されます。

 

 

刺激物質を含む薬
(例:メチルフェニデートやアンフェタミン系の薬)
が使われ、症状の軽減や管理を目指します。

 

 

また、行動療法では、時間管理や組織化の
スキルを向上させるためのトレーニング、
ストレス管理、親や教師への支援などが
含まれます。

 

 

最終的に、ADHDは個々の症状や状況
によって異なります。

 

 

適切な支援や治療を受けることで、
ADHDの影響を最小限に抑えることが可能です。

 

 

 

 

⇒ひきこもりに関連する病気や症状へ

 

 

 

⇒ホームへ

 

 

======================

私達夫婦が6年4ヶ月に及んだ
娘のひきこもりを解決するまで
実際にあった娘とのやりとりや
親子の葛藤、夫婦での対応などを
ありのままに書いたメルマガを
無料公開しています。

 

 

不登校やひきこもりの対応に
とても困っているという親御さん
には読んでいただきたいです。

 

 

私達夫婦が6年4ヶ月に及んだ
ひきこもりを解決したメルマガは
以下からご覧ください。

 

 

⇒【ひきこもり解決メルマガ】

 

 

 

 

 

本ページはプロモーションを含みます。

ひきこもり解決メールマガジン

ブログではお話できないようなプライベートでデリケートな内容を無料メールマガジンで配信させていただきます。

本当に困っているという親御さんのみに限定させていただきます。

以下詳細ページをご覧ください。


【ひきこもり解決メルマガ】
 

管理人プロフィール



管理人:F.岡田

いじめによる不登校から始まり、ひきこもりになった娘と長年にわたり対峙して解決しました。私と家族についての詳しいプロフィールは以下からご覧ください。


⇒プロフィール詳細

ブログランキング


ブログランキングに参加中!
良かった、参考になったという方は、ランキングに“ポチ”っとしていただけるとありがたいです。

 


不登校・ひきこもりランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村


FeedPing

最近の投稿
Facebook
カテゴリー
詳細説明ページ
アーカイブ
メタ情報
スポンサードリンク

ページの先頭へ