初孫が生まれて思いだす立ち合い出産




先日初孫が生まれました。

約2800gちょっとの女の子。

自分の娘が生まれた当時を思いだした。

赤ちゃんって、昔も今も「赤い」ので、
赤ちゃんと呼ぶのだろうかと・・・

ふと、しょーもないことを考える。

今回の初孫は、次男の子供。

次男は、出産に立ち会ったのですが、
とても疲れた様子だった。

自分も、娘の出産に立ち会ったが、
出産日の前後、仕事が忙しくて、
あまり睡眠を取れていなかった。

案の定、娘が生まれた瞬間に、
目の前が真っ白になり気絶状態だっだのを
思いだした。

それでも、出産に立ち会うというのは、
なかなか意義深いものだ。

あの生まれてくる瞬間もそうだが、
必死に痛みをこらえて頑張っている
妻の姿には、脱帽としか言いようがない。

女ってすごい!

本当にそう思うはずである。

男には絶対無理!

と思ってしまう。

一説によると、男が出産したとすると、
女性に比べると痛みに耐える力が弱く、
死ぬかもしれないとのこと。

出産だけでなく、いろんな場面で、
「女は強い」と感じることも
少なくありません。

私自身、わが子が母親から生まれてくる
という現実を、自分の目で見たことは、
わが人生にとって本当に良かったと思う。

息子も、「疲れた〜」と言ってましたが、
出産する母親本人よりも緊張するかも
しれません。

何より「怖い」と感じてしまうのは、
男性のほうらしいです。

もうすぐ出産が近いという男の人がいたら、
絶対に一度は「立ち会う」ことをすすめる。

人生変わるくらいの衝撃です。

子供はあまり好きじゃないという男性も、
自分の子供が生まれると違うようです。

なんたって、自分の分身であり、
成長していくと顔や性格などが似てくると、
そりゃもう、かわいいものです。

立ち合い出産、是非体験するべきです。







Copyright © 2016 がいあのオンリーワン日記 All Rights Reserved.